aga 薬

プロペシアはミノキシジルと一緒で目に見える発毛が可能

プロペシアは、発毛効果が高いと言われています。
プロペシアは飲み薬で1日1錠服用すればいいだけなので、治療を継続しやすいメリットがあります。
1997年、アメリカで男性型脱毛症の治療薬として認可が下りたもので、日本でも2000年に発売されています。

 

臨床試験によると、プロペシアは78%もの男性に発毛効果があったと実証されています。
プロペシアは、元々は前立腺肥大を改善するための薬だったのですが、プロペシアを飲んでいる人にヒゲや髪の毛が生える多毛の副作用が現れたことから、育毛薬として使用されるようになったのです。

 

男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンによる影響が大きく、男性ホルモンのテストステロンは、酵素の一種である5αリダクターゼと結びつくことでジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンに変換されます。ジヒドロテストステロンが毛乳頭にある受容体と結合すると脱毛が加速します。
プロペシアの主成分フィナステリドは、ジヒドロテストステロンを阻害する働きがあるのです。
プロペシアはミノキシジルと一緒で目に見える発毛が可能なのです。

AGAの自己対策でプロペシアの個人輸入をしたら騙された

AGAの自己対策でプロペシアの個人輸入をしたら騙されたという人が最近横行しています。
プロペシアの個人輸入は安く買えるのですが、偽物をつかまされる可能性があるので注意しないといけません。
というより、買わない方が得策です。

 

プロペシア通販、プロペシア個人輸入代行と称して、堂々と偽物を販売している業者があるので、騙されないようにしないといけません。
実際、偽物のプロペシアは多く出回っています。
プロペシアの海外製品は偽物が多く、騙されやすいのです。

 

特に激安プロペシアと称して相場よりも極端に安く売られているものは、偽物である可能性が非常に高いです。
そうしたプロペシアを服用すると副作用が出たり、飲み続けても効果がまったく実感できなかったりします。
プロペシアの個人輸入をしていたところで偽物をつかまされ、気づかずに飲み続けているというケースが多いようです。

プロペシアのジェネリックは危険性が指摘されている

最近では、ジェネリックAGA医薬品が注目されています。
しかし、プロペシアのジェネリックは危険性が指摘されていて注意しないといけません。
プロペシアのジェネリックといえば、インド製のフィンペシアです。

 

安かろう、悪かろうというわけではありませんが
極端なことを言えば、AGAを誘発する魔の酵素5αrが無くなれば、DHTは生まれないのです。
安価な薬でそのような効果が出れば良いのですが、それと引き替えの安全性の欠如があればは無視できません。
悪口になったら申し訳ないのですけど、フィンペシアの発ガン性物質が含まれているという噂があるので不採用にしている医者や病院は存在するようです。

 

どういうわけかフィンペシアについてはいろいろな噂があるのですが
フィンペシアの発売元は、海外向けタイプの製造を中止しているようです。
キノリンイエローの着色料は、発がん性や注意欠陥、多動性障害のリスクがあるとされる成分です。
フィンペシアは、プロペシアのジェネリックとして安価に購入できるのですが、健康に気を使う人にとっては正直、使いづらいものです。

 

そこでフィンペシアの白バージョンが発売されているそうで、キノリンイエロー不使用だそうです。

 

最近では、フィナロが登場しました。
日本版プロペシアと同じ着色料を使用していますが、黄色いフィンペシアとの最大の違いは、キノリンイエローフリーであるところです。
フィナロには、日本のプロペシアと同じチタニンディオキサイドという安全性の高いコーティング剤が採用されています。
しかし、フィナロもフィナステリドを1mg配合しているので、副作用のリスクがないとはいえません。